2006年1月29日 (日)

NO BORDER

ACIDplanet.com での『m.o.v.e Remix Contest』の結果が発表されていた。

さて,このコンテストには こっそり参加してたわけですが,次のようなコメントをつけてくれた方がいました。

10/10★: interesting...

the bassline melody interesting, but still it is nice. the slicing of vox also interesting. fast and fusious.

「このベースラインのメロディはおもしろい,いい意味で。ヴォーカルをスライスしているのも興味深い.速く,そして勢いが激しい.」

って感じだと思う。Internetが世界に繋がっていることを実感した。普段日本のサイトしか見ないから 世界からのアクセスを意識しない。

せっかく音楽は言語を越えるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

bB ビービー

bB サウンドブログの06/1/191分の「Vol.6 TRACK BACK、アザーっす!!!」というエントリーのPodcast の3分40秒あたりでDJ MASTER KEY さんにこのブログの名前が呼ばれています。

この件で制作会社からのとても丁寧な了承願いメールがきた.で,間違ったブログタイトルを伝えてしまった...[電子]が抜けてた.

トヨタbB―スタイルアールブイ ad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

ジャンル ~音と色彩~

音楽のジャンルは"色彩"と同じで,知識があればより細かく分類できる。「緑」-「深緑」-「ビリジアン」とか。色彩の場合は全体像が明白だから一般の知識でも似ている色の系統(ジャンル)は判別できる。音楽の場合は全体が見えないから「~系」というのも難しいことがある。

↓ELECTRONIC MUSIC のジャンル派生Flashを発見

http://www.di.fm/edmguide/edmguide.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

16連射ムービー

DTM MAGAZINE 2006.2月号で「I love ファミコン ~世界が認めた6191万台の芸術~」という特集。

やっぱりファミコンサウンドがきてるらしい。

携帯電話の着メロも単音、3和音、16和音・・・ときて、録音音源になったが、この流れはGAMEサウンドの進化に通ずるものがある、と思う。

SANWA SUPPLY USBゲームパッド JY-P1R ad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

最後に再生した日

気になったその曲は初めて聴いたつもりだったが iTunesに持っていることがわかった。

iTunesには「最後に再生した日 2005/08/03 11:03」と表示があった。

すでに把握できていないほどの曲を持ち歩いていた。
脳の記憶以上のものが"ログ"にはある。これがバグであってもそれを疑わない。

HIGHVISION ad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

iTMSに登録

iTunes Music Store ←iTunes起動

アートワークが変えられなかった。ここの通りにやったのに RSSに"itunes:image"タグが追加できず。

リスナー数増加に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

ライブ志向

SOUND STATION で Sony Music の楽曲の配信がはじまった。
アジカンがタダで聴き放題なんて!

以前は(購入やレンタルというかたちで)CDを手に入れるという苦労を越えることで楽曲をフルで聴くことができた。しかし,その録音された楽曲が世の中に無料で配信され,溢れ広がるということで録音されたもの価値が薄れ,生の音を求めるようになると思う。ライブに足を運ぶということが楽しさを得るための"苦労"に変わるかもしれない。

実際,近年大型のフェスが人気であることは無関係ではないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

クルマ型音楽プレーヤー

TOYOTAがクルマ型ミュージックプレーヤー?を発売するらしい。

TOYOTA SOUND BLOG (Podcasting対応)

あとTOYOTA×MTVの「Mash Upプロジェクト」も とても気になる。アーティスト本人同士が自分たちの曲を持ち寄り融合させるなら何も問題なさそうだし。「マッシュアップ」ってコトバが来年あたりの流行ワードになりそう。

ところで日本を代表するHip HopとRockアーティストって誰?

追記:布袋寅泰とRIP SLYMEで「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」(アナザー・バトル)と「FUNKASTIC」のマッシュとのこと。(Web Hochi

The Toyota Way Fieldbook: A Practical Guide For Implementing Toyota 4Ps ad

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 9日 (金)

新語大賞

米国の『オックスフォード英英辞典』の編集部は5日(現地時間)、2005年のワード・オブ・ザ・イヤー(新語大賞)を「ポッドキャスト」に決定した。

定義は「ラジオなどの録音データで、音楽プレーヤーにダウンロードできるように、インターネットで公開される」に決まった。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20051208206.html

米国ではもっと認知度が高いのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

ポッドキャストの可能性

すでに個人ひとりひとりが音楽を配信していく時代になったと思う。メジャーアーティストが楽曲をデータとして配信しているものと、個人がWebで公開している楽曲データは同じフィールドにあるとも考えられる。すると、世の中の音楽は大半がプロでない人たちが作ったものが占め、メジャー作品は少数派になる。

このブログは「iPodの持つ何百ギガバイトという容量を埋めるものとしてこういう素人さんの音源が入っていてもいいと思う。」という考えで立ち上げた。社会の中で、個人が音楽配信する時代をあらわすモノとして僅かながら貢献できていればうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

music | other